2006年01月30日

小豆島の醤油をつかってみました。

香川県小豆島の特産物のひとつに醤油があります。

実家に帰るときにお土産にしようかな〜とちょっと思ったのですが、千葉も醤油の産地だし・・・それに何より、醤油はいろんな味があるので、自分で使ってみないと、、、と思ってちょっと躊躇していました。

時間かけて煮物なんかをして、「あぁ、しっくりこない味・・・」とか、おいしいお刺身が入ったときに楽しみにしてぱくっと食べたら、「うっ、醤油がちょっと・・・」なんてなったら、さみしいですからね。

買ったのはこちら。タケサンの生搾醤油です。これは、卓上の醤油瓶がほしかったので、選んでみました。

shoyu.JPG

今朝、お弁当に使ってみただけなんですが、なかなか香りが良くて、おいしかったです〜〜。

大きいビンをスーパーで見てみたら、ちょっと高かったですたらーっ(汗)ホームページを見てみたら、贈答用でした。

自分の家用には、この瓶を使い終わったら、同じ種類で生搾ではない、普通の本醸造のを買おうと思います。
posted by いく at 17:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 四国の食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

久しぶりにお花を買いました。

ジュリアンの鉢植えを買いました。

julian1.jpg

ローズパレード、という、バラ咲きの新種みたいです。

つぼみのものを選んで買ったので、どんなふうに咲くか楽しみです。

陽のあたる出窓においてみました。

お花を買ったのも、じっくりお花の写真を撮ったのもすごくひさしぶりです。お花を見てもあまり明るい気持ちになれずにいたからな。。。

きれいに咲いてねーと思って、眺めています。
posted by いく at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

四国沖縄楽園にいってきました。

空港通りにある、沖縄楽園に行ってきました。

okinawa.jpg

インターネットで見つけて以来、高松空港への行き帰りの時、いつも「行きたいな〜」と思っていました。

沖縄系のお店・食堂5店舗からなるショップなんですけど、いろいろなものがそろっていました。ブルーシールアイスが食べられたのはうれしかったな。。。オトと、パッションシャーベット、パイナップルを食べました。パッションシャーベットは初めて食べましたが、なかなかおいしかった。でもシークワーサーシャーベットのほうが好きかな。(おいてくださいませませ。)

いろいろほしいものがありましたが、サーターアンダギーをつくる粉、パイナップルハイチュウA&Wのルートビアを買いました。

aw.jpg

ルートビアとは、沖縄のファーストフード店、A&Wの飲み物なんですが、そうですねー、ドクターペッパーをもっと薬くさくした感じですかね。これは、だめな人は本当に飲めないと思いますが、好きな人は、はまる。そう、私、はまった人です。何本でも飲めますよ。お店だと、ジョッキで飲めるので、その方がおいしいんですが。(オトは初挑戦しましたが、飲めませんでした。)
そういえば、お店で飲むルートビアってお変わり自由なんですが、ジョッキがいろんなサイズがある、あれって不思議。Sサイズを頼んで、おかわりすればいいのにー。でもわたしもMサイズを頼んで、おかわりしない人です。

さてさて、店内を眺めていると、三線サークルのチラシを見つけてちょっと心動かされました。わたし、三線と民謡を習っていたのですが、なかなか沖縄に行けなくなり、一人で練習するのも厳しい日々。でも、今回は、お店の人に特に何も聞かず帰ってきちゃいました。

帰りには食堂で沖縄そばを食べて帰ってきました。食堂のメニューはなかなか品数がそろっていました。今度は焼きそばと島ラッキョウとミミガーを食べたいなぁ。
posted by いく at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | OKINAWA話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

SNOOPY by トム・エバハート in サンメッセ香川

snoopy2.jpg先日、高松市で行われた「スヌーピー byトム・エバハート展」に行ってきました。

snoopy1.jpg

トム・エバハートさんは、スヌーピーチャーリー・ブラウンなど『PEANUTS』の登場キャラクターを描くことを原作者のシュルツさんから唯一許可されている画家です。トム・エバハートさんが版画製作を始めてから、10周年ということでした。

エバハートさんの絵は、はじめてみたときはちょっと馴染めなかったのですが、「THE TEAR」という、スヌーピーが泣いている絵を見たときにとてもひきつけられました。シュルツさんが亡くなったときに製作された作品でした。不思議なもので、ひとつの作品が好きになると、どの作品も今までとは違った見方ができるようになりました。

エバハートさんの絵には台詞はついていませんが、一枚の絵の中に豊かなストーリーがあるかのようです。また極彩色のような色づかいであっても,どこか寂しげであったり、あたたかかったり、不思議な魅力があります。

ふと考えてみると、原作者以外の方が作品をつくるってすごいことです。原作者とまったく同じでは意味がないし、かといってもとのテイストを壊してもいけないのですから。エバハートさんの絵には、絶妙なバランスの雰囲気を感じます。

今回の展示会では、あらかじめ招待状をもらっていたので、ポスターと卓上カレンダーをもらえました。



そしてうれしかったこと・・・。以前に私は版画製作をしていたのですが、ここ数年すっかり創作意欲をなくしていました。それが・・・展覧会で生の絵に触れたからか、家に帰ってからエバハートさんの絵を模写したりしてみました。オリジナルではありませんが、すごく久しぶりに絵を描けてうれしかったです。
posted by いく at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

雪がしんしん、心しんしん。

アイスを買いに、夫が玄関を出た。すぐ戻ってきた。「いくちゃーん、外見てごらんよ」

出窓の露をはらって外をみてみたら………あら、一面真っ白。雪や雨の少ない香川も、今日は積もりました。
豪雪で困っている地域は本当に大変そうです。今の寒波が過ぎれば落ち着くのでしょうか。


数日前のこと。親しい方の不幸があった。
知らせを聞いて、その電話を切ったあと、声を上げて泣いた。
千葉の仲間に何人か連絡をとった。みんなから離れたところでひとり、この悲しみと向き合うのがとても心細かった。
私は高松に、友だちづきあいをして実際に会っている人は、まだひとりもいない。ネット関係とか、通っている病院関係を除けば、コミュニケーションをとれるのは夫だけ。夫がいない昼間は本当に寂しい。

千葉にいたとしても、悲しみの深さはかわるわけではないのだけど、やっぱりこんなときはみんなと一緒にいられたら、、、と思った。

夫が飛行機のチケットをとってくれると言ってくれたけど、よくよく悩んでお礼を言って、こちらからお花だけ送ることにした。

会いにいきたいってすごく思うけど、こっちであなたのこと思ってる。これからもずっと、思ってる。あなたやあなたのご家族に出会えて本当に楽しくて幸せでした。

高松の雪は、今はやんでいるみたいです。
posted by いく at 01:36| 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。