2007年12月28日

今年もあと少し。

千葉の実家に帰ってきました。
私は年明けすぐ高松に戻らなくちゃいけないので、
夫の仕事納めを待たず、先に帰らせてもらいました。
バタバタ忙しくて、大掃除あんまりできなかった…

と、とうさん!!居間のジャングル化がますます進んでいます!!
071228_1703~0001.jpg

かあさん!北海道の味おいしい〜
こんにゃくとカジカのこっこの煮付けです。
ほんとは真鱈の子で作るらしい。
071228_1707~0001.jpg
小1のとき,腎炎で入院していたのですが、食事制限が解けて
家からおかずを作ってきてもらえるようになり、リクエストしたのが
この「こんにゃくとたまごの煮たの!!」
子どものころからずーっと好きです。

で,今日は久々にサンアイカメラ(中古屋さん)に行ってきました。
楽しい〜〜
何時間でもいられますー。
私は普段、望遠を使わないんだけど,ちょっと幅を広げてみようかな,
と200mmくらいのレンズを探しにいきました。
MEでもLXでもK10Dでも使える,マニュアルのAレンズが欲しかったんだけど、Aモードつきのはありませんでした。
カタログで調べてもらったところ,存在はしているらしいんだけど,いつ巡り合えるかわからないので,オートの80-200にしました。
071228_1653~0001.jpg
カメラを持たないで行ったんですが,K10DとLXも出してくださって,オートのレンズとマニュアルのレンズといろいろ組み合わせて試してもらいました。
「まだフィルム撮ってるの〜〜」などと、いろいろお話しながら・・・とても楽しい時間でした。

ショーウィンドウにあった、ブラックのME・・・欲しかったなぁ。
でもフィルムカメラ3台あってももう使い切れないし・・・
泣く泣く後にしました。

ホームページのアルバムのアップは、なんとかできました。
約一年撮った花の写真から15枚選びました。
いちばん気に入っている写真はこれ。
hana07_04.jpg

15枚中、唯一のフィルム&マニュアルカメラです。
だから好きってわけでもあるような、ないような。

亡くなった祖母が俳句をたくさん遺しているのですが、
祖母の句と自分の写真を合わせてみたくて、今まで撮ったものから選んだり、新しく撮ったりしています。
梅の句に合わせたくて、撮った一枚です。
一年くらい前に、祖母が亡くなってから、そのことについては、どこにも何ひとつ記せずにきました。
きっと心の中が全然整理されていないのだと思います。

それはまだ当分同じ状態だと思うけれど、それでもこの写真一枚でも、撮れてよかった今年です。

ここ数年、写真も詩もちっとも生まれない、と思っていたけれど、
どんな作品でも「撮ること」「書くこと」で,多分私は心を整理していくのでしょうから、どんなものが生まれたか、というよりも生まれることそのものが大切なのでしょう。

来年もゆっくりゆっくり、撮って、綴っていけたらなと思っています。
posted by いく at 18:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

インプット。

5年ぶりに、ホームページのアルバムを更新しようかなぁ・・・と作業をしています。

もともとは、「写真を撮って、ことばを添えて」ということからスタートしたホームページ

しばらくのお休みのあと、ブログを書き出して、今年は写真も随分撮って、
すこしずつ詩も書いたのですが・・・

なんだか作品にできるようなものにならない・・・と悲しかったり、落ち込んだり。

でも、それが今の自分なのかな?
今の自分の写真やことばを残しておくのもいいかな!?と思い直しました。

写真を絞ってインデックスにして、一年間書いていたことばを回りに書き込んで、書き直して、
さらに絞ってーみたいなことをしています。

photos07_1.JPG

さてさて、アップまでたどり着けるでしょうかー。

作品をつくれなくなったのは、本当に疲れきってしまったこともあるだろうし

心が閉じちゃっっていたんだろうと思っていたのですが

確かにそれもあるんだけれど、自分が見るもの・感じるものが変化してきて
それをどう表現したらいいのか、きっと自分が戸惑っていたこともあるんだろうなって、
気づかせてもらったこの頃です・・・

それから、心が閉じていただけじゃなくて、やっぱりインプットの機会自体、圧倒的に
以前より少なくなっていたんだろうと思うのです。

中国の旅から帰ってきた、関口知宏さんが
「いっぱいインプットしてきたから、アウトプットしたい!!」と、叫んでいるのを聞いて
「それだ!!」と(笑)

もう充電完了かなー。
心の中を凪にしたくて、ひっそり暮らしていた空間からは、ちょっととび出せそうな気がします。

来年は、「ふらふらひとり旅」に出ますー。

というわけで、久しぶりに買いました、時刻表。
jikokuhyou.JPG

手元にあるだけでわくわくするんデス。
すでに脳内旅、始まってます。
関口さんほど長旅はできないけど、四国一周はしたいなぁ〜と思っています。
夫からOKいただきましたので(アリガトウ)、季節を選んで出かけます。たのしみだー。

関口さんの旅、じっくり見たのは今年が初めてでした。
遅ればせながら、今までの旅もたどらせてもらっています。
絵日記も買っちゃった。
sekki1.JPG

本屋さんで「あー、帯が破れてる・・」と思ったんですが
amazonで頼むより、なんだかすぐに読みたくて・・・
リラックマも「ほしいときがかいどき」って言ってたし。
破れた帯は、テープで貼ればいいや。

今日買った本。
books1217.JPG

レジに向かいながら「時刻表とせっきーの本いっしょに持っていくのって、いかにも”影響されました”って感じ!?」と思いましたが、まぁ、事実だし・・・いいか、と買っちゃいました。

今から、時刻表と絵日記合わせて読みますー。

posted by いく at 17:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

四国村・ギャラリーで古民具

昨日は、またまたマロンさんといっしょに四国村へ行ってきました。
sikokumura071201.JPG

今回は、ギャラリー(安藤忠雄さん設計)を中心に。
sikokumura071202.JPG
(やはり、直島の地中美術館と通じる雰囲気でした。)

昨日は、企画展
   「四国村ー暮らしのかたち展
   民具Collections vol.1
   坂田和實が選んだ農具・民具」

・・・の最終日でした。

さまざまな古い道具が展示されていたのですが、中には、その形から使い道を想像できないものがあることに驚きました。

自分の知識不足と、時代の移り変わりの速さと、両方の理由があるのでしょうが・・・

それから、ひとつひとつの道具が、「展示」ということによって生かされ、新たな空間を創っていることにとても感動しました。

蔵の中などで、もしかしたら置き去りにされたり、捨てられたものもあるかもしれない古民具が、収集され、保護され、展示される。

コンクリートの壁の少し細長い展示室の中で、絶妙にほの暗い照明の中、並んだ古民具の空間は本当に心地よいものでした。

つぎはぎされ、数十年使われてきた「シキヌノ」「ネリヌノ」は、私が新布で作るパッチワークよりも、ずっと素敵でした。

この企画展の民具を選んだ坂田和實さんのミュージアムが、なんと千葉にあるそう。
実家に帰ったときに機会があればいってみたいなぁと思いました。

こちらはギャラリー裏手の水景庭園。
sikokumura071203.JPG

絶え間ない水音と咲き乱れるバラが見事です。
sikokumura071204.JPG

この水音が、場所によって音の大きさが全然違うのが面白かったです。
音までもが計算されているのでしょうか・・・?

sikokumura071209.JPG

すっかりバラ好きになりました。
sikokumura071205.JPG

こちらのバラの種類は「夢」だそうです。
sikokumura071206.JPG

これは、なんだったかな・・・
sikokumura071207.JPG

sikokumura071208.JPG

紅葉、そろそろ見納めのようですが・・・
sikokumura071211.JPG

sikokumura071212.JPG

植物が豊富な園内。
水仙、梅、椿など、花の準備をしているみどりをあちこちに見つけて、巡ってくる季節が楽しみになりました。
sikokumura071210.JPG

帰りは異人館で、マロンさんとお茶・・・
とても楽しいひと時でした。
sikokumura071213.JPG
posted by いく at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

今日の窓辺

今朝、テレビで小椋佳さんが『シクラメンのかほり』を唄っているのを聴きながら、出窓においてある鉢植えの写真を撮りました。

シクラメンの中で一番好きなのは”真綿色”
hana07_14.jpg

でも、白ひとつじゃなんとなく寂しいので、”薄紅色”もいっしょにおいてあります。
cyclamen7.JPG

毎日見ていたら、薄紅色も、真綿色と同じくらい可愛くなってきました。
cyclamen1.JPG

この歌が作られた頃、シクラメンには「かほり」はなかったのだそう・・・。(他に歌詞に入っているうす紫色も。)
それから要望があって、品種改良で、香りのあるシクラメンや、薄紫のシクラメンが生まれたんだそうです。

cyclamen2.JPG

今うちで咲いている、シクラメンはほんのりいい香りがします。
”香り”が誕生するきっかけになった歌を聴きながら、その花を愛でるなんて、フシギな時間だなぁ。
cyclamen4.JPG

こちらは小豆島で買ってきたイタリアンパセリと、オリーブ。

パセリとイタリアンパセリの違いが、いまいちわからない・・・
paseri.JPG

でも、パセリは一鉢あると便利。
摘んですぐきざんで、パスタやチキンライスにかけるのがすきですー。

オリーブ、一番小さい苗を選んで買ってきました。
olive.JPG

今までも、オリーブの木ほしかったけど、転勤して歩いても無事育つかなぁとか、花は咲くのか?実はなるのか?とか躊躇してました。
でも、香川に住んだ記念にと、思い切って一鉢。

本当は、違う種類のものを2本いっしょに育てないと、実がつかないんだそうです。
そうなんだ〜とびっくり。
来年、うまく花が咲いたら、もう1種類増やしてみようかなーと思っています。
posted by いく at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の花々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

魚・サカナ・さかな

11月に歩いて屋島に登ったとき、山上の水族館にも立ち寄ってみました。
そのときの写真です。

suizokukan1.JPG

魚を見ると沖縄を思い出します。
西表の星砂の浜や、バラス島のまわりで、魚といっしょに泳ぐのがホント楽しかった!

それにしても魚の写真て難しいですね・・・
suizokukan2.JPG

なかなか心が通わない・・・。

ハリセンボン。沖縄ではアバサー・・・だったかな?

suizokukan3.JPG

大好きなウミガメ〜
ちょっぴりこっちを向いてくれました。
suizokukan3.JPG

もう少し通ったら仲良くなれるのかな・・・。
posted by いく at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 香川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。