2010年04月27日

ブイヤベース。

ケンタロウさんのお料理が好きで、いつも『男子ごはん』を見ています。
そして、よくケンタロウさんのレシピで作ってみます。
みんな作りやすくて、おいしいーーー。
一般的な料理でも、ケンタロウさんのオリジナルな部分があり、「初めて食べた味」になるので、わくわくとても楽しいです。

これは、ブイヤベース。
boui2.jpg

鯛のアラ・アサリ・イカ・エビですもの、おいしいわけです。
それにしても鯛のうろこと小骨ってなかなか取りきれない!
なんとかならないかな〜
切り身だと食べるのは楽でしょうけど、絶対アラで作った方がおいしいし・・・

それから、このケンタロウさんブイヤベースで、初めてセロリを「おいしい」と思いました。
魚介とセロリとシメジで作ります。
肉より、魚介類が好きな私には、うれしいメニュー。

引っ越してきたこの街は、いまどき珍しく商店街がにぎわっています。
新鮮なお魚屋さんがあって、買い物のテンションがあがります。
魚は魚屋さん、肉は肉屋さん、野菜は八百屋さん・・・みたいな買い物をするのって、きっと子どものとき以来です。

(photo:PENTAX K10D×smc PENTAX DA18-55mm)


※スパムコメントが多いのでコメント欄お休みしています。
何かございましたら、ホームページのBBSにどうぞ♪
posted by いく at 17:05| 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

香川・・・お世話になりました。

このブログに書くのがすっかり遅くなってしまいましたが、4月から夫が東京勤務になり、地元の千葉に戻りました。

四国を通じてお世話になったみなさま、離れて案じてくださったみなさま、本当にありがとうございました。
夫しか知っている人がいない土地に行き、なかなか土地にも慣れず、最初は友だちもできなくて心細かったものですが、去る時にはたくさん想い出ができました。

「四国一周の旅!」とか
「屋島三十六景の写真を撮る!」とか
「瀬戸内海の島全部行く!」とか

果たせなかった旅がいろいろありますが・・・またそれはいつの日にか。
「ことでん乗りつぶし」だけはできました。
おいしいお店もたくさん見つけました。
お友だちもできました。
離れるのは寂しいな、と思える出会いがありました。

いつも見上げていた屋島がもう目の前になく、数週間でもう懐かしい感じすらする四国。
引越しって、不思議ですね・・・。

最後に見た高松の夕日です。
CAHGH99W.jpg

引越しを終えて泊まったホテルの窓から「あー、『どんなときも。』の2番!」と急いで撮りました。
焦る気持ちを、ビルの間を窮屈そうに落ちていく夕日に溶かしていこう・・・っていうあれです。
思えば5年前、まだ四国にいく前の私に夫が送ってきてくれた写真もこんな写真でした。
この2,3棟隣のビルだったかな?
『どんなときも。』をよく知らなかった夫に「こんな歌詞があるんだよー」と話した事を思い出します。

私は焦らずに過ごせていたかな?
またこれからの数年間を自分なりのペースで過ごせたらな、と思います。


(写真はケイタイ写真です。)


※スパムコメントが多いのでコメント欄お休みしています。
何かございましたら、ホームページのBBSにどうぞ♪
posted by いく at 20:25| 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。