2009年08月05日

広島。

7月に広島に行ったときの写真です。

瀬戸大橋を、初めて車で渡る。
(今までは、電車でした。)
hirosima09_01.jpg

すごい!人間て、こんなものが造れちゃうんだ、と改めて思う。
四国に来てから、大きな橋、いろいろ渡ったけど・・・
瀬戸大橋の長さというか大きさというか、圧巻です。
hirosima09_02.jpg

14年前、戦後50年の年、広島・長崎・沖縄と、自分なりの慰霊の旅をしました。
広島へは、千葉から新幹線で。
それから帰りは瀬戸内海沿いの電車に乗って、瀬戸大橋を渡って高松、そして小豆島へ。
行き当たりばったりのひとり旅でした。

あれから10年以上も経って、高松に住み、いつかのひとり旅の地を夫と訪れるのは不思議な感じがしました。

確か、14年前は駅ビルで広島焼きを食べたような・・・多分この店かな!?と思うところがあって、再び行ってきました。
懐かしかった!

それから、広島平和記念公園へ。

広島、長崎、沖縄、知覧などこれまでも戦地へは度々行っているのですが、そこでは今まで写真を撮ったことがありませんでした。
戦争の跡へ、カメラを向けるのが躊躇われるというか、そこでは、ただ静かに祈ろう、と想いがしていて。

ブログなどを書くようになって、今回は少し違う考えも浮かんでいました。
写真に「伝える」「残す」という力があるなら、戦跡を撮ることも意味があるかもしれない・・・と、2枚だけ撮りました。

hirosima09_03.jpg

hirosima09_04.jpg

言葉がなかなか綴れませんでしたが、明日を前に何とか記事にしました。

広島平和記念資料館のサイト

(photos:PENTAX K10D×smc PENTAX DA18-55mm)
posted by いく at 22:33| Comment(2) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

尾道・福山

〜この記事は「しまなみ海道〜生口島」から続いています

しまなみ海道に別れを告げ、尾道へ〜・・・ここでの目的はおいしい尾道ラーメンを食べること・・・

その前においしいアイスを。

教えていただいたからさわさんのモナカ
onomiti1.JPG

モナカ・サックサクで、すごくおいしかったです〜

それから千光寺公園へ車で登ってみました。

尾道水道
onomiti2.JPG

通ってきた尾道大橋
onomiti6.JPG

遠くが霞んでいます
onomiti5.JPG

今思うと、黄砂だったのかな〜
いつもは連休明けで花粉症が治まる私ですが、今年はまだボーっとしています。
西日本は、黄砂の量が多いそうで。。。やだなぁ、新たなるアレルギー。

公園はつつじがいっぱい咲いていました。
onomiti3.JPG

蜂が多くて、花の写真はじっくり撮れませんでした〜。
onomiti7.JPG

公園を散策し、さていよいよ尾道ラーメンへ・・・

ラーメン屋さんは、夫がネットでいろいろ検索・検討した結果、朱華園さんへ

おいしいもの好きな夫は、どこかへ出かけるたびにお店を探してくれて、そこはたいていとってもおいしいので、食べることにあまり興味がなかった私も、すっかりグルメ好きになってきました〜

朱華園さんは、閉店まで1時間くらい余裕を持っていったのですが、すでにすごい行列!

麺がもうすぐなくなる・・・ということでしたが、最後の5人くらいに入れました。

初めて食べた尾道ラーメン、とてもおいしかったです。

ちなみにこちらは、帰ってきてから我が家で再現した尾道ラーメン
onomiti9.JPG

あ、お店のラーメンには煮卵は入っていません・・・
最近、チャーシューを自分で作るんですが、そのときのつゆで煮卵も作ってみました。

ラーメンは、スーパーで売っている「行列のできる・・・尾道ラーメン」
尾道ラーメンの雰囲気がなかなか出ているかも。

高松はうどん屋さんはおいしいお店がいっぱいあるのですが、ラーメンはなかなか相性のあうお店に出会えなくて、最近は「自宅でラーメン」おいしさ向上をがんばっています。

さて、尾道から福山へ・・・福山で一泊して、倉敷へ向かいました。

写真は福山城です。
fukuyama.JPG

「倉敷・岡山」へつづく

posted by いく at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

しまなみ海道〜生口島

〜この記事は「しまなみ海道・大島」から続いています〜

大島から、伯方島・大三島を通り、広島県側へ入ります。

ここからも、行きたい島ばかりでしたが平山郁夫画伯の生まれ島と美術館をどうしても見たかったので、今回は生口島へ下りることにしました。

多々羅大橋を渡って、生口島へGO
tatarabr1.JPG

橋の写真が、あとから見るとどれがどこだかわからない・・・

でも画像の順番から言って、これは多分、生口橋かと・・・
tatarabr2.JPG

念願の平山郁夫美術館です。
hirayama1.JPG

以前は、日本画の良さがよくわからなかったのですが、2001年に千葉〜関西へひとり旅をしたとき、奈良の薬師寺で、平山郁夫画伯の『大唐西域壁画』を見て、その迫力に圧倒されました。

今はガラスケースに収められているとのことですが、当時は直に見ることができたこともあり、生の絵画から感じる画家の息遣いというか・・・絵の感想を言葉にするのはとても難しいのですが、その生々しさに本当に驚いたものです。

今回は、平山先生が育った島の景色を見ることもでき、また『大唐西域壁画』以外のさまざまな作品、幼少〜少年時代の
作品も見ることができて、本当にうれしかったです。

「平成の平山郁夫」という特別展中でした。
hirayama6.JPG

趣のある門
hirayama3.JPG

庭の花々もきれいでした。
空木かな?
hirayama4.JPG

カンゾウとシラン
hirayama5.JPG

島の海岸から見える橋(多分生口橋かと・・・)の写真を撮って4枚をつなげてみました。
いつか横長の版画にできたらと思っています〜
ikuchibr2.JPG

これは因島大橋かな・・
innnoshimabr.JPG

しまなみ海道に別れを告げて、尾道に入ります〜。

「尾道・福山」へつづく


posted by いく at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする